ライブ中盤、少しずつお客さんと波調を合わせて、まっすぐに声をのばして唄いましょう。せ~の!!