山あり谷あり終わりなしを感じた日。光だけを唄ってはいられない。