夜中にマーウ"ィンゲイが聞きたくなり、引っ張り出す。二曲目までは気持ち良く聞いた、が、三曲目には深い眠りに…気付くと朝であった。