一昨日の夜、遅くまでリハーサル。
楽曲のキメとか、構成とか、コーラスとか、ラララ~な練習を2時間。

それぞれに自分の音の思いやフレーズがあるやろうから、
意見を聞いて、譲れるとこ、譲れんとこ、
1曲1曲、なるべくアイデアを出し合って、曲を構成していかんとね。

まあ俺が、全体のビジョンを持って制作してけば良いんやけど、
色んな寄り道して、ニオイを嗅ぐのも必要。
どこに流れて行くか分からない。

今まで聴いてきた音とかは、それぞれに体に入ってるんだろうから、
演奏で出せるし、アイデアも湧く。

バンドはバランスだ。。。

自分の中の新しさ、バンドの中の新しさを見るには、
どんどん、体が知らないものを入れていく、そして吐き出す。
その行為が、今は楽しい。

どこまでで1曲完成なのか、その線引きはすごく難しいけど、
演奏してて、ドキドキしなかったら未完だろう。

一度作りあげた楽曲に、自分達なりの「傷」をつける。
その傷の部分が、きっと、伝わっていく部分。

陰部が一番光る。

しかし、トリオは難しか~。

ま、ぼちぼちいきましょ。