さあ今夜は、柿木一宏さん(MOONBEAM)と、
Special Guestに高木克さん(Soul Flower Union)、
スペシャルなお二人との共演!

[TUPELO ACADEMY ROCK CLUB]

会場入りして、まずは柿木一宏さん、高木克さん、
そして、今回の企画者であり司会をしてくれる宅嶋さん(big mama)と、
スタッフさんにご挨拶。

高木さんとは、面識はあるものの、
一緒に演奏するのは、勿論初めて。

なので改めて、キチンと挨拶させていただきました!
挨拶できて、良かった〜〜〜。
そして、テレビで見てたテレキャスターをケースから取り出した時の、
ギターの風格、凄かった。

んでリハがスタート。

今回、柿木さんから、
「セッションを何曲か演りましょうか〜!」
ってアイデアが出て、3人でメールのやり取りをしてました。

色んな曲の提案があり、その中に柿木さんの[BLOW WIND BLOW]がありました。

筆者としては、もう体に刷り込まれてる曲なので、
問題ないと返信。
高木さんも縁あって、その曲を弾いていたとの事で問題ないと。

んで、幾つか変更ありつつも、
[BLOW WIND BLOW]含め、その他の曲も決まりそうなトコで、
なぜか、「もう一度曲を見直そうか」と再度提案が。。。。

柿木さんの気遣いで、
高木さんがTHE ROLLING STONESあたりも大好きだ、
との配慮からと思われますが、、、、

「THE ROLLING STONESの[Waiting On A Friend]をどうかな?!」
と提案が。

当然、皆OKサイン!!

なので、[BLOW WIND BLOW]は取り消し。

[Waiting On A Friend]と、
THE BANDの[THE WEIGHT]と、
高木さんがSHADY DOLLSの時から唄ってる[まっぴら]、
この3曲に決定!

了解です〜〜って事で、
そこから、個人的に、
[Waiting On A Friend]の歌詞を体に入れる作業に入って、
本番を迎えました。

そんな中、柿木さんからリハスタート。

本人が[BLOW WIND BLOW]を唄っている時に、
高木さんがギターで軽く合わせ始めました。

すると、まさかの柿木さんの一言。
「やっぱ、[Waiting On A Friend]やめて、これにしようか!!」と。

、、、、、、口にはしませんでしたが、、、、、


心の中で思いましたよ、、、、、




「出た〜〜〜〜〜(笑)!!!!!!」

そんなこんなで、リハも想定内で終了(笑)。。。。。。

んで、本番前に皆で談笑していると、
今夜は、[ACADEMY ROCK CLUB]と言うだけあって、
ROCKの流れとか、歴史とかを絡ませたりして進行するとかしないとか(笑)。

そんな話、知りませんけど〜〜〜(笑)。。。。。。
って事で、数曲変更(笑)。



そしていよいよ本番スタート!

筆者、ウクレレ2曲とカバー1曲含む、7曲演奏。

新しくなったTUPELO。

さらに音が良くなってて、
ムッチャ気持ちよく歌わせていただきました!

沢山の拍手も嬉しかった!



そして、高木さん。
相〜〜〜当〜〜〜〜、良かったっ!!!



今夜は、カバー中心での構成。
しかも、ROCKのルーツを巡る選曲。

歌詞が和訳してあるので、
曲の良さも、より引き立ち、
さらに入り込みやすくて、伝わりやすい。

テレキャスターがまた良い音やった〜〜!!
たまらんかったな!!



そして、柿木さん。

アコースティックギター、ガットギター、
そして、ストラトキャスターと3本持ち込み!

やる気満々じゃないすか〜〜〜(笑)!!!



その3本のギターで、
いつも以上に良い音鳴らしながら、
ガンガン新しいページをめくって、
柿木さんの歌を鳴らしていました!

シビれた〜〜〜〜!!



で、、アンコールいただきまして、

例のアレですよ(笑)!
セッション(笑)!

個人的には、ここでまさかの選曲変更も十分にあり得ると、
気を張ってましたが、、、、、(笑)。




、、、、、さすがになかったです(笑)!

テレキャスターと、ストラトキャスターと、マーチンで3曲。

曲の途中、筆者のマーチンをバックに、
高木さんのテレキャスターと、
柿木さんのストラトキャスターがソロで絡む場面があったんですが、
凄く高いトコでの、気持ちの良い緊張感に包まれた時間がありました!

あの感じ、忘れないと思います。
多分、みんなにもその気持ち良さが伝わったんじゃないかな!?

3曲目の[THE WEIGHT]は宅嶋さんも呼び込んで、4人で!
いや〜〜、楽しかった〜〜〜〜っ!!!



何しろ、素敵すぎる夜になりました!

夢がまた一つ叶った夜!
来てくれた皆さまに感謝です!

ありがとうございました!